オンデマンド動画一覧

第3回全国SLP教育研究会


*こちらはダイジェスト版になります。本編は以下のリンクよりご覧ください。
https://co-credu.org/movies-post220912/
*会員でない方は以下のリンクから「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、当Webサイトの全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

  • 「地球温暖化を関数(数学)で考えよう!」
    ~ ほんもののデータを見て使って、地球温暖化について考えた中2数学の授業実践 〜
    園田毅先生(同志社中学校・数学科教諭)
  • 「社会と英語のコラボ授業 勝手に観光大使」
    ~社会授業で日本都道府県の地理を深く学び、その学びを活かして外国人の方向け観光プランを考え作成した中2英語の授業実践~
    皆川祥吾先生(同志社中学校・英語科教諭)

【管理職必見!】SDGs教育の導入法 ~初級・中級編~

*以下のリンクから「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、当Webサイトの全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

  • SDGsに取り組まない企業は生き残れない!?
  • 新たな行動は不要!? ~SDGs後付けマッピング~
  • SDGs教育モデル校の紹介 ~カリキュラムマネジメントを中心に~
  • 「SDGs進路指導 × SDGs高大連携」の提案

第2回全国SLP教育研究会

*以下のリンクから「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、当Webサイトの全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

  • グローカル人材の育成を目指して 〜地域と共に学び、課題解決に挑む〜
    戸沼雄介先生(横浜国立大学附属鎌倉中学校 教諭 / K-DEC【かながわ開発教育センター】運営委員 / 著者に「SDGs時代の学び作り(明日書店)」)
    平野 央さん(鎌倉学園高等学校3年 / 学生団体NewColumbus 副船長)
  • 教育はどのように拓かれるか 〜学生視点から見た教育と社会の関係性〜
    入江遥斗さん(横浜国立大学都市科学部3年 /(一社)アクトポート(ACTPORT)代表理事)

第1回全国SLP教育研究会

*以下のリンクから「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、当Webサイトの全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

  • 教育から始まる社会変容 〜SDGsを窓にしたPBLの実践の始まりと現状〜
    山藤旅聞先生 (新渡戸文化学中学校・高等学校 副校長・学校デザイナー)
  • SDGs高大連携プラットフォームの紹介
    大熊あすか様 (一般社団法人ボランティアプラットフォーム)

Co-Credu設立記念「シンポジウム」

*以下のリンクから「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、当Webサイトの全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

  • 気候変動に具体的な対策を ~私が、小中高大学で講演を続けるワケ~
    露木志奈様(環境活動家)
  • それ、探究してるの先生ですよね? ~なぜ総合学習は「調べ学習」の域を抜け出せなかったのか~
    田辺記子先生(立命館守山中学校・高等学校 共創探究科主任)
  • 生徒のやる気を引き出す「SDGs探究」スイッチ ~スイッチが入る仕掛けと環境整備~
    西谷知穂先生(郁文館夢学園 論究科主任)

「まずはココから」基礎固め動画

  • 40分でSDGsの基礎知識を身につける[対象:一般]
  • 教科授業で使えるSDGs教育メソッド[対象:教育関係者]

*以下のリンク先から「新規ユーザー登録(入会)」を頂くことで、全ての動画をご覧頂けます。
https://co-credu.org/membersip/

過去のイベント、参加者の感想

<「SDGsの社会実装」に挑む中高教育の最先端(Co-Credu設立記念シンポジウム)>
https://co-credu.org/news/event-news211222/

今回のシンポジウムに参加し、本校での取り組みをさらに進化する方法が見つかったような気がします。
特に立命館守山の田辺先生の話は参考になりました。「それ、探究してるの先生ですよね?」という発表タイトルから興味を惹きつけられていました。私も自分自身が企画書やら何やら書いているときにモヤっとした気持ちがあったので、そのモヤモヤの意味が分かりました。

大学生、高校生、中高教員、教育研究者とその支援者、保護者などが参加しての今回の企画、それぞれの立場の話が聞けて、まさに共創なんだと感じました。今後、私も学校事務という立場ではありますが「共創」に積極的に加われればと意を新たにしました。

日本のこれまでの「常識外」な活動をされているご登壇者のお話を聞けて、ワクワクしました。チャット内にも記載がありましたが、「失敗を恐れない(チャレンジを称える)」文化を社会全体で醸成したいと強く感じ、それができるコミュニティなんだなと心強く思いました。どうもありがとうございました!

とてもよかったです。若い人たちの行動力、考え方、とても可能性を感じることができました。私の生徒さんたちにも伝えます。可能性は無限にあり、誰も未来を決めることはできない。広い世界と常に繋がってほしいです。

SDGs探究の社会実装・産学連携に興味を持ち、また「自分ごと化」の負の側面についても知ることができ、新たな視点・課題意識を得ることができました。

私学はほぼ異動が無いので、このような他校事例を学ぶ研修・シンポジウム参加は必修にすべきだと思います。都立高校や各市町村の教育委員会の場合は、研修制度が既に整っています。

本校でも探究活動を推進しており、大変参考になることがたくさんありました。SDGsの視点を意識しながら地域と連携した探究活動を進めておりますが、生徒が調べ学習で終わってしまう理由が本校にも多々あります。そこを改善し、生徒がいきいきと探究できる環境整備を行う手立てを、露木先生、田辺先生、西谷先生からたくさん学ばせていただきました。ありがとうございました。

様々な専門家の方のお話を伺うことができて、SDGsを幅広い視点から捉えることができた。これからの学校教育では、第1~3セクターの方のお話を聞くことが教員にとっても生徒にとっても必要不可欠であると感じた。
これから現場に立つ身ですが、非常に興味深い実践が多く勉強になりました。ありがとうございました。

お知らせ

一般社団法人共創教育機構 鎌倉好男
TOP